賢い借り方
日本には6000社以上の金融会社が存在します。カテゴリ分けすると、
1.銀行系
銀行が出資して作った金融会社。設立の歴史は浅いが、銀行の資金力を武器に低金利を実現。貸し出し条件として他社借入が3件まで。
(モビット・キャッシュワン・アットローン)
2.消費者金融連絡会
日本の大手5社。他社借入件数が4件までのお客さんに貸し出し。
(武富士・アコム・プロミス・アイフル・三洋信販)
3.準大手
消費者金融連絡会に加盟していない準大手。他社借入5-6件。クレジットカードの事故情報があっても融資可能な場合あり。
4.中堅
総融資残高が100億円-1000億円の会社。審査はゆるくクレジットカードの事故情報もあまり取得していない。他社借入7-10件程度まで貸し出し。
5.地場系
総融資残高が100億円以下、地域密着型の融資。他社借入12件以上でも貸す場合がある。問題のある業者も少なくはないため注意が必要。
そして、上記の5つのカテゴリーのうちまず、最初に借りる順番があります。
要するに1.〜5.の順番に借りていけばいいことになります。
1.銀行系のローン会社はカテゴリーの中で一番低金利で借入上限額も300万円近く。
一度、銀行系のローン会社に審査が通れば、かなり安定することができます。 さらに、1.銀行系からの借入は他2.3.4.5.カテゴリーのローン会社では借入としてカウントしていません。
他社借入として件数に入らないということになります。
審査に通らなかったら

審査なしでOK
現金化